FC2ブログ
 
 
 
 
 
介護人メイルの、悔悟、改悟、開悟、戒護。
 
 
 
 
 
 

介護を超えて、悔悟のままに、どうしても「ジャック・ニコルソン」のごとく-6

 
メイルの憂鬱は、一向に冷え込んでこない気候同様、消えない。
階下での老婦人の衰弱、その衰弱に比例するかのように介護によって衰弱してゆく、ご家族の衰弱。
その両方の衰弱を、階上から指をくわえて見ているしかないジレンマに、メイルの胃も痛くなるばかり。
実際、約1年半ぶりに、胃カメラの検査をして、ひさびさに胃炎と胃潰瘍が見つかってショックだった。
まさか介護をして悔悟の毎日を送る自分が、他の家族の介護でここまで気を病むとは…。
メイルは、改めて介護というものがそれぞれの人生と密着している現実に、何とも言えない気分になっている。
そして、老婦人のご家族が、自分のように介護の悔悟にならないことをそっと祈っている。
誰もが被介護者になる自分の未来をプランしていないように、介護者の方も自分の親への介護プランを持っていないのは当たり前。
それはそうである。
どんな子どもでも、自分の親がいくら介護が必要になっても、可能な限り一人の人間としての尊厳を保持して欲しいと願うし、親自身もその尊厳を可能な限り保持したいと欲するから、ギャップが生まれる。
結局、どちらかが犠牲になるしかないということは、介護は終わって初めて痛感するもの。
第一、人生自体もそんなもの。
子どものころには疑問だらけで、オトナになっても人生の意味を悟ることができず、答えを求め続ける。
果たして、その答えは見つかるか?
心の目を開けると未来が見えてくるというが…。

それですぐ思い出すのが、映画「The witches of Eastwick(イーストウイックの魔女たち)」のミシェル・ファイファー。
「心の目を開けると何が見える?」というジャック・ニコルソンの質問に答える。
「I don't mind that it's a short life or growing old or disapperring. It's the pain that scares me.I don't know why there has to be...so much pain.(短い人生でも、老いを晒す人生でも平気。でもワタシは痛みが怖い。原因不明の痛み。激痛)」…。
それに対し、ジャック・ニコルソンが言う。
「未来の運命は定められたものだ。変えられない」…。
メイルは、全くそのジャック・ニコルソンに同調できないが、ミシェル・ファイファーの答えには、介護の答えも加わっていると感じる。
少なくとも、介護度5になってしまったメイルの母親は、原因不明の心の激痛に苦しんだに違いない。
その点で言えば、老婦人がいかに贅沢な悩みなのか…とメイルは、ついつい感じてしまうのだが…。
さて、ジャック・ニコルソンとミシェル・ファイファーの出会いの会話が、メイルは大好き。
とくに好きなのが、「You're a fertile creature, aren't you(映画では、想像力が豊かなんだ、と字幕があったが、実際は、肥沃な創造力の豊かな女性、もっと言うと、繁殖力のある創造物、とある種の畏敬を含んだ興味ある女性への最大の賛辞)?」 …。
メイルの好きなタイプの女性。
「Wasted.Pearls before swine(もったいない。豚に真珠だ)」
「Just the two of us,banging away, head to head(二人だけで、じっくりと頭と頭を合わせて、ぶっ続けにsexしよう)」
「It's boring,but it's true(つまんない女よ、本当に)」
「Are you going to seduce me,too?(ワタシも誘惑するつもり)」
「Yes」
「How?」
「I don't know」
知的なのにバカ正直な女性に、メイルはいつも降参。
「I get pregnant all the time.At the drop of a hat.From borrowing your toothbrush(いつもすぐ妊娠するわ。あの先から一滴垂れただけで。アナタの歯ブラシ借りただけで」
「I'll keep that in mind(覚えておくよ)」
「You're not like other men(アナタは他の男と違うわ)」
「I'm not」
「Most men,well,my husband, try to keep everything under control...pretend everything is normal.Always rational,always an explanaion for everything.Men need that,don't they? To feel...everything is solid.And the world just isn't like that(ほとんどの男たちは、夫もよ、ワタシの何もかもをコントロールしようとしたわ…何もかもがノーマルなフリをして、いつでも理性的に理屈っぽく。男たちにはそれがいるのよね。何もかもが不変と感じたいために。でも、世界は不変じゃないのよ)」
「Certainly not with you three around(キミたち三人はそうじゃないって)」
「We're not so diffrent from other women.Women are more natural,right?And nature is crazy, no matter what science says.So I don't mind(私たちだって他の女たちと違わないわよ。女性はもっと自然よ、でしょ? 科学が何を言っても、女性の本性はクレイジーよ。だから、気にしないわ)」
「You don't mind what?(気にしないって、何を?)」
「I don't mind when peculiar things happen.It's natural...because the world is a peculiar place(気の狂ったようなことが起きても気にしないわ。それは自然なことよ。なぜって、世界は気が狂っている場所でしょ)」
「And you're a very peculiar person(そして、キミはとっても気が狂った人間)」
「Thank you」
「I would love to be a woman(女になりたい)」
「Why?」
「Just look what you can do with your bodies. I mean,Make babies and...make milk to feed the babies.If I can do that...(キミの体のように何ができるのかすごく見てみたい。子どもを作って、その子どもを育てるためにミルクを作ったり)」
「Who are you,really?」
「Anybody you want me to be(キミの欲しいすべての人間になる男さ)」
メイルは、この会話こそ、男女の理想的なものだと思っているが…。
スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 

介護を超えて、悔悟のままに、どうしても「ジャック・ニコルソン」のごとく-5

 
メイルは、眠れない日々が続いている。
階下で、一晩中、老婦人を介護する人の気配がするからである。
自分はお世話になっているのに何も手助けしていない…なんともいえない後ろめたさに、酷い罪悪感を覚えている。
人間にとって、自分の気持ちを率直に表現しないことは、間違いなくストレス。
可能な限り、正直に生きないと悔悟に繋がるもの。
やはり、「Truth is just the best(真実こそベスト)」…。
そのせいか、仮にまどろんでも、「nightmare(悪夢)」にウナされる。
そして、そこにはいつもメイルの母親が登場し、「オマエは一体何をしているの?」と叱責されてしまうなんて…。
踏んだり蹴ったり、それが偽らざるメイルの心情。
人間、いかなるときにも心根のままに生きないと、後悔が募るばかり…。
メイルは、基本的に女性が少しでも自分らしくあるための手助けがしたいと考えているのだから、老婦人はもとより、その家族の女性たちの手伝いぐらいは、もっと積極的にやりたいと覚悟しているのだが…。
その意味で、映画「The witches of Eastwick(イーストウイックの魔女たち)」のジャック・ニコルソンとは明らかに違う。
けれども、老婦人を含め老婦人の家族の女性たちは、スーザン・サランドンにどこかやはり似ている。

たまたまスーザン・サランドンは、どこから見ても清純無垢なムードのチェロ奏者。
ジャック・ニコルソンは、その音楽を通じて、スーザン・サランドンの隠れた素顔を曝け出そうと試みる。
人間、よくも悪くも、その本性のままになると、理屈抜きにチャーミング。
メイルの持論である、「本性こそ、本物の個性」を、ジャック・ニコルソンが改めて確認させてくれる。
また、メイルは、ありとあらゆる人との関わりの中で、この人間とは親密になれると直感する瞬間がある。
それは、明らかに目の前の相手が動揺しているのを見つけたとき…。
もっともメイルは、ジャック・ニコルソンのように、「Do I make you nervous(ナーバスにさせている)?」と声に出して言わないが…。
「Intonation. Vibrato. Stretch.You think I'm crazy,but I know music.It's the one thing that makes me humble(抑揚。細かい震え。伸縮。変人だが音楽はわかる。音楽こそ、自分を謙遜な気持ちにさせてくれるものの一つ)」
メイルにとっても、sex同様、音楽は大切なものであり、このジャック・ニコルソンの言葉は生活信条でもあった。
「ワタシの抑揚ってわざとらしくない?」
「Yo have precision.Precision is not prissy.Precision is the founation of passion.Passion without precision...chaos.(キミには精確さがある。精確さはわざとらしさじゃない。精確さは情熱の土台。精確さのない情熱はカオス、混乱)。キミは弦を巧みにさばいているし、キミの指のタコはとっても美しい。ただ、弓の使い方がうまくない。躍動感がない。なめらかじゃない。You kill the passion. Let it go.Why are you holding back? These aren't just notes,you're playing...they're phrases.Human outcries(感情を押し殺している。何で抑制するんだ? もっと生き生き弾くんだ。音符は言葉だ。魂の叫びだ)」
「You have great passion in you.Let it out(キミには他の人にない情熱がある。それを出すんだ)」
そして、次の言葉に、メイルは苦笑いさせられる。
「Yes,you can. Trust me」…。
どこかで聞いたセリフだと思わないか?
どうあれ、このジャック・ニコルソンの行動は、まさにメイル自身の生きがいでもある。
知り合った女性が、その本性に目覚める瞬間、それこそが人間の美しさそのもの…。
やがて、本性に戻ったスーザン・サランドンが目を開いて自分の未来を見る。
「It's a short life,isn't it? Sometimes I look in the mirror and I see everything...disintegrating faster and faster(人生は短いじゃない。ときどき、鏡を見てそこに何もかも見るわ。すべてがものすごい速さで崩れていっていることを)」
これは、至言。
どちらにしても、スーザン・サランドンの変貌ぶりは、メチャクチャ感動的で、魅力的でカワイイ。
そして、メイルは、ふと階下の老婦人を、老婦人の家族の女性を、スーザン・サランドンにしてみたいと夢見ている。
 
 
 
 
 
 

介護を超えて、悔悟のままに、どうしても「ジャック・ニコルソン」のごとく-4

 
メイルは、自分の意思に反し直面させられた約5年半にわたる介護の後、今なお、その介護の悔悟に苦悶させられている。
あまり言及されていないが、介護の本当の重荷は、いつのまにか自分に背負わされてしまう死ぬまで下ろすことのできない異様に重い、目に見えないデー・バッグ。
その中にパンパンに詰め込まれているのは、自分の死にだけはあの介護される絶対的羞恥を付加したくない、そうなるくらいなら自殺したいという願望的覚悟、それと二度とあんな介護の胃の痛くなる情景だけは見たくないという傲慢な拒絶…。
メイルは、なぜかその背中のデー・バッグの中身が、毎日、毎日、さらに重くなっている気がして、当惑している。
確かに、聡明で一家言を持っていたメイルの母親も、二言目には、「生きて虜囚の辱めを受けるくらいなら、あそこまで不自由になるくらいなら、死んだ方がマシ。とにかく、ポックリ死にたい」とよく口にしていた。
それなのに、話すことも、動くことも、食べることもできないまま、5年半…。
いくら「沖の干潟はるかなれども、磯より潮の満つるがごとし」と理解していても、その口惜しさは、いかばかりだったことか?
メイルの耳には、今も、はっきり、母親の音のしない歯ぎしり、呻き、泣き声が聞こえてくる。
そして、今ごろ、仏様にも、ウリウリ文句を言っていることだけは間違いない。
人間、自分の生まれることを自分の意思で決定できないのだから、それもいたしかたないと思うが…。
ともあれ、メイルは、お世話になっている老婦人の衰弱ぶりと、それを必死に介護する家族の献身ぶりを見ながら、複雑な気分で過ごしている。
とりわけ、これだけ熱中症が懸念されるほどの異常高温、「熱い」、「急に寒い」、と不順な天候が続くと、年配者には辛い。
脚の筋肉がメッキリ衰え、自分で自由にトイレに行けなくなってしまった老婦人の新たな憂鬱、苦悩、逡巡、自己嫌悪が手に取るようにわかり、その尊厳を維持させようと懸命に不眠不休で下の世話をする家族の気持が手に取るようにわかり、メイルは心が痛い。
ふとその老婦人の若いころを考える。
そして、それを支える娘さんや息子のお嫁さんを見ていると、映画「The witches of Eastwick(イーストウイックの魔女たち)」のスーザン・サランドンを思い出す。
見るからにソリッドで、健気で、ひたむきで、まるでメイルとは別世界。
それから、当然、そのジャック・ニコルソンを…。

スーザン・サランドンと、ジャック・ニコルソンとの本格的な出会いは、実に興味津々。
な、な、何とコーヒーではなく、紅茶を入れながら、なぜか動揺しているスーザン・サランドンがジャック・ニコルソンに尋ねる。
「Sugar and milk?(砂糖とミルクは)」
それに対し、「砂糖」、「4つ」と応えるジャック・ニコルソン。
「Sweet tooth(甘党ね)」
「Sweet everything.I'm a sugar junkie. Uncontrollable appetite…in every department(甘いものに目がない。甘いものなら何でも飛びつく)」
「That's not good for you(カラダに悪いわ)」
「It dosen't bother me(構わない)」
と応えてから、ジャック・ニコルソンは、今、毎日メイルが思っていることと同じことを言う。
「I don't hold on this health consciousness shit. I see guys,60…70,breaking their balls to stay fit.What for? When I die, I want be sick,not healthy(健康法なんてクソ喰らえだ。60、70歳のジジイになって道具が立つヤツは多い。だが、それで何になる?ワタシは病気で死にたいね)」
さらに言えば、メイルはガンで自分で意識して死ねるのがいいと勝手に夢想している。
母親のように自分でコントロールができなくなるのだけはガマンできないと思うからだ。
その後、どこまでも誠実に真面目に生きようとしている、メガネをかけ髪をアップにしたスーザン・サランドンに、「Truth is best(真実こそベスト)」と断ったうえ、ジャック・ニコルソンが話す「魔女狩り」の真相は、メイルもどこか納得させられた。
何でも、魔女狩りは14世紀の医学闘争に端を発していて、男性が「midwife(産婆)」を分娩業から締め出そうとしたからで、火あぶりされた女性の大半は産婆だったというのである。
真偽のほどはわからないが、どこか「さもありなん」と思わないか?
それ以上に、オモシロいのは、それに付け加えるジャック・ニコルソンの論旨。
「Just another example of mail-dominated professional society…exploiting females for thieir own selfish purposes.Men are such cocksuckers,aren't they? they're scared.Their dicks get limp…when confronted by a powerful woman, so what do they do? Call them witches. Burn them, torture them…until woman is afraid. Afraid of herself…afraid of men. And all for what? Fea of losing their hard-on(まさに男性が支配するビジネス社会の典型的な例。自分たちの勝手な目的のために女性を搾取する。男は汚いだろ? 女のパワーの前ではフニャチンさ。だからそういうことするんだよ? 言うことを聞かない女を魔女と呼び、火あぶりにし、拷問するんだ、女が怖がるまで。女性であることを恐れ、男を怖れるように…何のためだって? チンポをおっ立てるためにさ)」
メイルは、このジャック・ニコルソンに全面的に賛成する。
間違いなく男のエゴが、女性の情熱の発散を食い止めるために、ありとあらゆる陰険な束縛を与えているのは事実だからである。
メイルも、ジャック・ニコルソン同様、そんな葛藤に苦しんでいる女性を、自由にさせることは、今なお、生きがいの一つでもある。
どうあれ、スーザン・サランドンが自分に正直に蝶に変身してゆくところは、感動的…。
メガネを外し、髪をソバージュにし、ファッショナブルになったスーザン・サランドンは、魅惑的…。
肩の力を抜いた女性は、メチャクチャかわいい。
 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

介護人 メイル・GIVEソン

Author:介護人 メイル・GIVEソン

介護なんて、「する側」も「される側」も現実であってほしくないと毎日願って過ごしている。
ある日突然、前ぶれもなく目の前にそれが現れた…。

東仙坊の、介護用ハンドルネーム「メイル・GIVEソン」が、好きな映画と対照して、お届けする介護ブログ。
bnr-tosenbo-kaigo3.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
PR
 
 
 
 
 
 
 
QRコード
 
QRコード
 
 
 
 
 
 
ブログランキング
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索