FC2ブログ
 
 
 
 
 
介護人メイルの、悔悟、改悟、開悟、戒護。
 
 
 
 
 
 

解悟、解悟。そして、ミシェル・ファイファー。

 
どんな人間でも、基本的に孤独に毎日生きている。
そして、どんな人間でも、何らかの親の問題を背負って生きている。
父親に逃げられた母親が、娘が男とうまくいかず男性不信に生きているのは、自分のせいとその責任を感じている。その母親に、
「確かに私は幸せに暮らしていない。ママは何も悪くない。ママのせいじゃない」と言いつつ、
都会でウエイトレスをする36歳の女。
母親に捨てられ親戚をたらい回しにされ、それでもひたむきに生き、刑務所に入ったことで人生をやり直そうとしているコックの46歳の男。
その二人が様々な紆余曲折を経て、心を打ち解けあうようになるまでのラブストーリー。
「フランキー&ジョニー」という題名の映画のミシェル・ファイファーに、メイルは感激している。
故郷からNYに戻るバスの中での涙の悲哀。
「バカな男を信じるくらいなら、ビデオを観ながらアイスクリームを食べるほうがいい」という達観。
年老いた同僚の突然の孤独な死に、自分の将来を見て、葬式での哀感。
自分の部屋から見る人々の日常への哀愁。

「人を愛するなら、自分の気持ちを押し付けないで。何があっても、無条件で愛して。人の何がわかるの?」
「あれを持ってるの?戸棚の奥にあるわ」
「愛してるから、結婚しよう、子どもを作ろうですって、相手の気持ちも考えないでどうしてそう言えるの?」、「誰だって一度は死のうって考えたことはあるわよ」
ミシェル・ファイファーが言うどのセリフも、心に傷を負いながらも人を愛そうとしている女心が微妙に表現され、出色の演技だったからだ。

メイルは、一人のウエイトレスの老女が入院して、ミシェル・ファイファーを含む3人が見舞いに行った際、
「私も、こうして一人ぽっちで、死んでゆくのだろうか?」と、
その孤独を病院で再認識するところに、そして、その彼女の葬式で、
「こんな小さな遠い教会で、参列者のほとんどいない悲しい葬式…」とその儚さを認識するところに、今の自分の心の声を見つけていた。
「父親もホームでどんな気持ちでいるのだろうか?」、「もうすぐ来るだろう死をどう考えているのだろうか?」、「自分だっていつどうなるかわからないのに…」と、何とも言えない複雑な無力感に、メイルは苦悩している。

父親は、もうすぐ90歳になるのに、なぜか自分の葬式に呼びたい参列者リストを作成していた。しかし、その友だちたち、兄弟のほとんどは、すでに他界していて、こんな時代らしく親戚たちも、とっくに疎遠なのである。
「父さん!なぜ、そんなに葬式にこだわるの?」
「そんなこと言ったって…」
「葬式屋は、慇懃無礼で、流暢で好きじゃないし、葬式なんて、坊主丸儲けにさせるだけだと思うけど…」
「オマエは、そうかも知れないけど…」
「じゃ、もう一度、その呼びたい人のリストだけでも、とりあえず作り直したら」
そう言ってしまって、メイルは滅入っていた。
「ミシェル・ファイファーなら、どうしてピクニック気分で生きられるの?何でそんな人の気持ちを考えないことが言えるの?自分が勉強したからって、どうしてそんな人を傷つけることが言えるの?変わった人だと思ったけど、残酷な人なのね、と、きっと物を投げてくる」と、メイルは苦笑した。
そうなのである。
人を思いやるということは、自分の考えを、感情を、絶対に押し付けてはいけないのである。
そんな愛を強要できないことなど、百も承知していたはずなのに…メイルはすっかり自信喪失し、憔悴している。
ミシェル・ファイファーが、相手のアル・パチーノに、
「どんなときに死にたいと思うの?」と訊いた。
「孤独感から女性のパートナーを探して、それなのに肉体的に関係するとそこに嘘や打算が生まれ、一番大切な精神的に繋がれないと感じたとき…愛の可能性を信じたいのに、それがダメだと感じたとき」と、
アル・パチーノが応えたのに、
「まさに、自分の勘違いそのものじゃないか…」
と、憤慨していたメイルだったのに…。
「父さん!ゴメン!」
メイルは、今、それも心の中でしか言えない状態である。

どちらにしても、この映画でポイントになったセリフが、今、メイルの脳裡をピンボールのように跳ね回っている。
bark up the wrong tree(勘違い、オカド違い)
ミシェル・ファイファーまでに、そんな言い方をしたことがなかったのに言わせた、このセリフは、もしかすると、メイルの残りの人生訓になりそうである。


恋のためらい フランキー&ジョニー恋のためらい フランキー&ジョニー
(2007/09/21)
アル・パチーノ

商品詳細を見る



☆介護の重要ポイント22

メイルは自分の介護すら満足にできない状態なのに、友人から、終末ケアに適した信頼のできる病院、施設を紹介して欲しいと依頼され、新たな悩みになっている。
これも、いざ探すとなると、患者の身になってケアしてくれそうなトコロがないのである。
これこそ、メイルにとっても、明日は我が身。
ありとあらゆるネットワーク、コネクションを駆使しているが、本当に理想的なホスピスや終末ケア病院がないのである。
誤解があるといけないので、的確に言うと、変更された介護保険システム、後期高齢者医療保険システムのことまでかかわり、維持が難しく、ここも人材難が影響している。
つまり、純粋に天職として、介護や医療に携わる人が、仕事に没頭したり、そこそこの生活をするのが困難な状況なのである。
メイルは、正直、ショックで、茫然自失。
これが世界一の長寿国家、日本の現状だとは…。









ブログランキングに、投票おねがいします。 

 にほんブログ村 介護ブログへ
スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
Comment
 かいーごアミーゴ [URL] #-

>勘違い、オカド違いってそのときは自分で気が付かず、後になって分かった時には手後れで悲惨です、ホントに。しょっちゅうバカみたいにその繰り返しで自己嫌悪の日々を送っています。介護も介護以外でも同じでいつになったら、本当の大人になれるのやら…
ミシェル・ファイファーは揺れ動く自信のない女を可愛く素直に演じ、あんなふうならいいのにと、ついついため息です。
でも、母が時に救ってくれるような瞳で私を見つめている瞬間があり、逆に母から励まされてしまっているのは、キット幸せ者なんですね。

 2008.06.27 Fri 01:16 [Edit]
 オコラス刑事 [URL] #-
ヒトって、おかしいよね。どうせ、いつか死ぬ。絶対に死ぬ。
それはわかっている。
その時は、一人ぽっち。
なのに、葬式が寂しいことを嫌う。東仙坊サン、こっちのブログも、クールだぜ。
 2008.06.27 Fri 18:22 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
Trackback
http://kaigokaigokaigoh.blog32.fc2.com/tb.php/22-48db1597
 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

介護人 メイル・GIVEソン

Author:介護人 メイル・GIVEソン

介護なんて、「する側」も「される側」も現実であってほしくないと毎日願って過ごしている。
ある日突然、前ぶれもなく目の前にそれが現れた…。

東仙坊の、介護用ハンドルネーム「メイル・GIVEソン」が、好きな映画と対照して、お届けする介護ブログ。
bnr-tosenbo-kaigo3.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
PR
 
 
 
 
 
 
 
QRコード
 
QRコード
 
 
 
 
 
 
ブログランキング
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索